!doctype html public ""> 鮎・豆こぼし販売所 友釣り情報

鮎・豆こぼし販売所 鮎友釣り情報

戻る


(↑トップページへ)

令和元年度情報

 令和元年 鮎友釣解禁

           

 ○浦川非出資漁業協同組合

  ・釣 場・・・大千瀬川(中部天竜川合流点より振草川漁協堺旗まで)、相川、奥山川
  ・解禁日・・・6月8日(土)
  ・料 金・・・日券 解禁日から10月15日まで2,000円(現場買 2,500円)
         (※ 女性は半額の1,000円です。)        

  ※ 浦川漁協1日入漁券を10枚集めて販売店へお持ち下されば1日入漁券1枚と交換します。
   ただし、今年度(令和元年)の券に限ります。

 ○佐久間ダム非出資漁業協同組合

  ・遊漁川・・・天竜川中部(佐久間ダム下流大千瀬川合流点より秋葉ダムまで)
          支流水窪川(中部電力西度発電所切開堰堤より天竜川合流まで)
  ・解禁日・・・6月8日(土)
  ・料 金・・・遊漁証 日券 2,000円(現場買 2,700円)   年券 15,000円

 ◎餌 釣  解禁日 9月1日(日)   天竜川―JR飯田線佐久間橋梁〜秋葉堰堤上流
                          水窪川―城西切開中部電力西渡堰堤〜大井橋

  ★ 中部吊橋〜JR飯田線佐久間橋梁までの区間は友釣専用区です。但し10月16日より友釣専用区間を解放しますので餌釣も行えます。

○国土交通省、電源開発梶A佐久間ダム漁業協同組合より
 佐久間ダム放流中は天竜川河川内(支流よりの出合付近)は、たとえ水位が下がっていても魚釣り、川遊びは危険ですので入川はしないでください。
 写真のような看板が立っていますので厳守とのことです

P1000001

10月13日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 こちらは台風19号も去り晴れの澄みきった青空、台風さり「ままっ子の洗濯日和」と言われる秋の日和りとなりました。
 天竜川 11日20時より佐久間ダム放流となり一時は2m80cm位水位上がりましたが、10時現在写真の様に2m50cm位高い青濁り状態で流れています。  暫く釣はお預けです。

↓大千瀬川、天竜川合流点

P1070022

↓B型鉄橋周辺

p1070021

10月11日(金) 本日2回目更新 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 16時現在 今日 釣人少ないです、まだ入川している方 台風前の釣りに専念しています。

 台風は刻々と北上しています、被害の無き事を願います、19号台風 暴風強く 雨も多く800mmが予想されています、このまま予報通りとなれば この辺の河川は大荒れとなるでしょう、台風後の河川予想がつきません、
 原田橋仮設道路は今日午後6時より通行止めとなり再開通は未定です。

 明日の中日スポーツ鮎釣り釣果速報を見て下さい。

10月11日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 今朝、曇りの静かな天気となっております、釣り出来ます。

 昨日のホームページの件で追書となります。
 「鮎・豆こぼし販売所」で検索しても一番に出てくるホームページが当店で出しているのと違う場合がよくあります。下の画面のは当店で出しているものではないため、こちらでは当店のホームページは見られません。トップ画面が青い背景のものが当店のホームページですので宜しくお願い致します。お知り合いで見られないという方がいらっしゃいましたら、その方に上記のことを伝えていただければ有難いです。

↓違うホームページ

P1070018

↓当店のホームページ

P1070020

10月10日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 何時も当店のホームページをご贔屓ご愛用いただきありがとうございます。鮎友釣りシーズンも終盤となってきましたが、最近 当店のホームページを見ることができないとのお言葉を多数いただいております、皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしております。
 ホームページを閲覧出来ない理由は 当店ホームページのプロバイダーの変更のためと思われます。
 経緯を申し上げますと、以前に契約していた「ヤフージオシティーズ」が 先方の意向により2019年4月をもって閉鎖されたため、新しく「忍者ホームページ」に変更しました。そして この度、前URLで検索しても 新しいホームページに転送される移行期間サービスが終了したため ホームページが見られなくなったと思われます。
 皆様には大変お手数をお掛け致しますが、新たに「鮎・豆こぼし販売所」または「天竜川 鮎・豆こぼし販売所」と入力し検索して探していただくか、下記のURLを入力していただきますようお願いを申し上げます。

     新URL  http://mamekoboshi.han-be.com

 今日は朝より天候良く 秋晴れの気持ち良い一日となりました、嵐の前の静けさでしょうか。
 明日は夕方からは台風19号による雨となりますが それまでは釣り出来ますので 今日に続き挑戦してみてはいかがでしょうか。
 今日 チン(珍)の方が賑やかく懐かしくお話しされた方もいらっしゃいました、楽しめましたでしょうか。

 天竜川  豆こぼし 朝よりエサ釣り ゴロ引き 友釣り とで賑やかい、名古さんと釣友はB型鉄橋に行くが ここも賑やかく豆こぼしに10時半入川させて頂く、パイプ前より徐々に下流へと下り ゴロ引きやエサ釣りの邪魔しないようにして 午後2時以降 面白く掛り 瀬岸側ではのと 瀬尻でのデカの背掛りは醍醐味でした、
 トラブルも無く 夕方目一杯 17時少々過ぎまで粘り 28cm頭に18匹の釣果を出し ご機嫌で寄って下さり、「台風前 明日もあるからな」と阿多古に帰られました。 

↓名古さん 釣果

P1070015

10月9日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 今朝気温14℃とグンと涼しかったですが、日中は晴れ、嵐の前の静けさ良き天候となり、川水暖かく感じましたとの釣師さんの声がありました。

 強い台風19号こちらに向かって接近、台風前の釣り日和は明日だけ、今日泊まり込みで明日釣りまくりのグループも見えています。 今季最後の川になるやもですので、お出掛けしてみて下さい、メスは卵、オスは白子持って大きく脂ののった鮎となっていまして、見ごたえあります。

 天竜川 B型鉄橋下流に7時40分入川、藤枝の竹下さんと鈴木さん、この川に大分慣れてポイントが掴める様になった。  鈴木博正さん、午前中2匹後が当たりない、14時半例の鳶が上で円を描いている、そしたら2匹連チャンで揚がり、大鮎ボチボチ気持ちよく釣れ、25cm以上、3匹の26cm、166gを頭に7匹の釣果を出した、トラブルは無かったと。

 釣り友の竹下一昭さん、一番掛かりの大鮎に振り回され、オトリハナカン外れで逃げてしまった、やはり午前中2匹を揚げた、午後の方がアタリある、外しが2回残念、でも25、5cm、134g頭に5匹の釣果、2人とも大きな好鮎を持ち帰りとなり、「俺たちを忘れるなよー」と元気で長道152号線にて二俣あたりで食事して帰ると申され帰られました。

10月8日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 天竜川  曇り時々雨の肌寒い一日となりました。水綺麗で 水位平水より10cm低い、台風19号が北上しており 週末に直撃の可能性もあります、台風前の釣りをどうぞ。

10月7日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 曇りより 午後3時雨降りとなりましたが 大降りとはならず釣りは出来ました。

 天竜川 菊池さん なかべ吊り橋下流に7時半入川、群れ鮎狙いとなる オトリ出し静かに静かに 竿振らない、掛った瞬間が分からない 引き始めると鮎大形だけに重い、静かに引き寄せ タモに捕り込む醍醐味を 12回行うことが出来た。
 「今季はこれで竿納めにしようかな」と6月解禁よりを振り返り B型鉄橋周辺を眺めた、来季も大漁でありますようにと16時終了して当店に寄って頂き 27cm頭に12匹をアップして下さり ニコニコ顔で「台風の様子ではまたかな」と磐田に帰られました。

 大千瀬川 JR飯田線 浦川鉄橋下に南さん9時入川、錦橋に向かって釣り行き来して「今日こそは20匹をターゲットに」とオトリの泳ぎに合わせて立ち移動、今日 朝より掛る 午前中で12匹来た、午後3時より雨となるが カッパ持ちに行くの面倒臭いと そのまま続け 16時までに24匹となり 「25匹で止めたい」と30分続け 25匹にして今日は納竿して 当店に寄り 写真アップですが 「一匹 見たくもない鮎だから抜いてください」とで 22.5cm頭に24匹のアップとなりました。
 「この鮎はご親戚に上げます」と帰られました。

↓菊池さん 大形好鮎 釣果

P1070003

↓南 哲彦さん 釣果

P1070006

10月6日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 朝夕は秋、日中は残暑の釣り師にとっては良き日でした、まだこの様な日が続くとのことですが、8日は雨模様で大降りはないでしょうが、どの位の雨となるでしょう。 心配なのが3連休にかけての台風19号です、大嵐、大水となると大きな痛手となりはしないかと、渇水でも今のこの黄色い川が良いのです、鮎は大きく若くまだまだ遊べます。 その為、天竜川は解禁になったエサ釣り、ゴロ引き、投網は今暫くはお預けとなるでしょう、寒くなり産卵期になってからと思います、それまで残された期間友釣りが出来ますが一日一日鮎も数は減り、きつい追いの良い鮎より減ってゆきます、急ぐが良いでしょう、このままゆけば来週位いまでは・・・・・・

 天竜川 B型鉄橋下流のSさん、28cm、185gメス頭に8匹を揚げられ、釣れない釣れない深水より浅い所で揚がった、野鮎元気ないと申され急ぎ帰られました。

 今日、大千川下流部川合ヤナ場上よりタケヤブとマワタリの入川者が多かったです。 錦橋下流のMさん、11匹と調子外れでした、でもその内の2匹追掛りで掛かると速く横走りで面白かったと申されました。

10月5日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 今朝6時の気温17℃と涼しいと言うより寒さを感じ、めっきり秋となりました、鮎も終盤を感じたでしょう。 それでも日中は30℃を超える暑い日となり良き釣り日和でした。

 天竜川 暫らくや、珍しいという方がお見えになって下さり賑わいました。 川知らずで見えるとちょっと大変でしょう、良く川を見鮎を見つけてから入川されるのが大事かと思います。

 鈴木さん 上島キャンプ場前、目的ポイントに入川しようと行くが、ブラックバス釣り人が複数いますので入川出来ず、ドンブリに10時半入川するがアタリなく午前中0匹、午後目的ポイントが空いたので急ぎ移動、ボチボチ揚がる、新オトリにするが掛りどころ悪く泳ぎも悪い、それでも16時までに25cm、134gオス頭に6匹の釣果をだし、次回の釣日を思案しながら、10月2日に揚げたデカ鮎205g以上に挑戦と二俣に帰られました。

 大千瀬川 釣りと川の様子伺う、天候良く14時半の水温21、5℃、鮎は居るが少し居場所移動している、その川小田敷前三遠南信道橋の近くに、飯田さん入川している、釣り姿恰好良い、9時半より16時までの釣果をと店に来て下さり、24、8cm頭に10匹を写真にしてくださり、まだ来ますよと三遠南信道で磐田に変えられました。

↓飯田道男さん 釣果

P1070002

10月4日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 明け方6時まで時々強い雨降りでした、その後 晴れとなりましたが 曇ったり晴れたりにて 天気予報のような暑い日とはならず 釣り日和とはなりませんでした。

 天竜川も大千瀬川 明け方までの降雨にて 僅かですが出水となり 13時頃まで徐々に水位上がり その後 下がり始めて 18時現在 平水となった、濁りも消えましたが 天竜川の豆こぼしは深水の所は薄青です。

 今日の釣果、皆さん伸びなく1〜4匹位いの様ですね、条件悪かったでしょう、水位 増えたり減ったり 出水にて水温低く 気温も暑くならず 場所により強風もあるという この時季では難しい条件でした。
 水位落ち着けば明日より また釣れるでしょう。

10月3日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 晴れたり曇ったりの秋の陽気でした。

 10月に入り本格的に秋めいてきて 朝晩は気温下がり 日中も涼しくなってまいりますと 鮎にも変化が出てきます。

 天竜川 豆こぼしに11時入川の小関さん、地元のHさんと一緒になり16時めで攻めた、Hさんが下流にて13匹、小関さんは上流にて群れ鮎狙うが 9月30日に入川より3日間ですが 鮎少なくなり群れも小さくなった、5匹目まではコンスタントに13時頃まで揚がったが その後がアタリ無い、新オトリを出すが 泳ぎ悪く 尾鰭振って走ってくれない 3日前とは違う、
 今日は日中気温上がらず水温20〜21℃と低い、夜の暗い時間が長くなり 鮎も終わりの支度に入ってゆくでしょう、待ったがきかなく 残りが少なくなってきました、どんどん釣りまくるがいいでしょう、
 小関さん結果は 24cmオス頭に7匹の釣果にて細江町に帰られました。

10月2日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 今日も釣り日和となり良き天気でした。
 4日は雨模様です、渇水ではありますが 水少ないのが好きな鮎師さん 明日はいかかですか。

 天竜川 上島キャンプ場前に鈴木さん 11時入川するが なかなかアタリ来ない、徐々に上流に攻め上る、やっとでアタリ来たがバラシてしまった、このショック大きい 我慢の釣り、大物背掛りがきた いきなり瀬の中を上のぼり、すると今度は下もさがり、逃がすか 切られるかと 真剣でやっと取り込んだ、これはこの間の27cmよりはデカいかと思って計測にと 店に持ち込んで下さった、
 16時までに3匹のバラシあったが 27.5cm頭に7匹を揚げられ 何よりも体重205gの大物 「嬉しいです まだまだ今季納竿は出来ない」と次の日程を読みながら二俣に帰られました。

 大千瀬川 哲ちゃん 錦橋下流 9時入川、今日は釣師少ない 今日もターゲットは20匹として オトリ送り込む、右岸の対岸際 渇水にて浅くなりすぎ 小形鮎が泳いでいるからオトリ送り込むと オトリのほうが大きくて逃げてしまう ダメだ、でも午前中に9匹揚ったので 「これはいけるど」と午後攻めるが 数伸びなく4匹まで、
16時半までに23.5cm頭に13匹止りと 哲ちゃん「難しい難しい」と申されていました。

↓鈴木正憲さん 釣果

P1060989

10月1日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 晴れの蒸し暑い静かな鮎友釣りには最高の日となりました。

 天竜川 桜田さん、「今日よりゴロ引きできるから」とセリダシ方面に行ってみるが ゴロ引きはダメとみて オトリ求めに参られ B型鉄橋下に行く、釣り馴染みの鈴木さん みえる、すると早速釣りポイントに仲間に入れさせて下さり 12時半入川、これが何よりの幸運 鈴木さんに感謝する、大鮎掛り 急に上昇り ヤバイと思ったら良型のオトリ ハナカンより外れ一度に軽くなり 掛り鮎のみが来た 他トラブル無し
 15時までの早終了、実時間2時間半で入れ掛りが続き 28cm2匹を頭に13匹の好釣果が出た、「匹数釣るよりもこの時季ならではの大物釣れ大満足です」「急ぎますので」と横川に帰られた。

 大千瀬川 錦橋下流に南さん 8時半入川 目的ポイントに行く、周り釣人さん居る、この人達の攻め方により群れの流れが変わる、オトリは確保できた 何時ものように大群れ回って来ない 深水では掛りが悪い、手元まで来たのを引き抜き 外す、今日のターゲットは20匹 なかなか数伸びない、16時までに23cm頭に15匹でストップだった。
 「残念、魚が沢山見えるのが何よりの励みになります」と地元大井に帰られた。

↓桜田康司さん 釣果

P1060977

↓南 哲彦さん 釣果

P1060987

9月30日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 晴れの残暑の良き天候となり釣り日和でした。

 9月も終わりとなり 鮎友釣り本格的なシーズンも終わりとなりますが 天竜川も大千瀬川も鮎はまだ沢山居ます、まだ若くて これから色気出てくるところで美男美女です、特に大千瀬川は川合ヤナ場より大千瀬橋までの全域に居ます、だが群れの遊び鮎が多いです、
 夏季の釣りより 秋季の釣りにして バカを長く糸も軽くして 静かにオトリ泳がし 群れの中へと送り込む、掛かった時が大事 群れを脅かさず静かに寄せて来る、まだまだ釣れますよ、今日も上流の方がバカ長ーくして静かに寄せては上手に釣っていました。

 下流タケヤブ下ものMさん 10m竿にて静かに釣られ 15時に7+8の15匹を揚げられ 「魚は沢山居ますよ」と喜びの声をあげていました、三遠南信道で帰られました。

9月29日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 朝より時間追うごとに太陽当たり日中は残暑となりました。
 天竜川も大千瀬川も、10cmから15cmの減水となっており、水温は22℃でした。

 佐久間ダム漁協、天竜川は10月1日より「ゴロ引き」と「投網」が解禁となります。 区域は友釣り専用区B型鉄橋上下を残し、大千瀬川出会いより中部吊橋までと、JR飯田線佐久間橋梁下流よりとなります。
  支流水窪川は除きます。

 まだまだ友釣りは出来ますので楽しんで下さい。

 自分14時より、川 釣り人 の様子見を天竜川、大千瀬川「ササラ」まで行った帰り「サイモン」に寄る、磐田の鈴木さんと一緒になる、鈴木さん7時30分入川する、もう早い方3名さん入川していましたと、 午前中苦労しました、一番当たりはオトリがハナカン外れして行ってしまいました、群れ狙いをするが群れ一匹掛ければ逃げる、人影 竿影映れば逃げる、難しいオイソレとは釣れない、我慢で疲れた、それでも23cm頭に11匹を揚げられた、 タモの中で見せて下さり、「朝早かったからもう終了」と言っていますので、この時季では大漁ですねと申し15時45分、分かれて帰りました。

↓鈴木勝三さん 釣果

↓鈴木勝三さん

P1060887

9月27日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 晴れより午後曇りとなり蒸し暑い日でした。

 鈴木さん、上島キャンプ場前に11時入川するが 午前中 全然アタリ無し、昼食遅くなりましたが 午後は活を入れ 竿立てるが 鮎は機敏になっており 人影や竿の動きで逃げてしまうため 音無しの構えで静かに腰を下ろし じっとオトリを泳がす、
 25cm級が掛る 引きが強いが静かに寄せて揚げた、次はまたデカ鮎 引く 飛び回る 瀬の内に引き込まれた 鮎が何処に居るのか分からない 真剣そのもので やっとタモの中、これは先のよりデカ鮎だ、「面白い やったど」とで トラブル一度も無く 26.5cm頭に7匹の釣果が出ました と参られ 今日の有り様を語られ「まだまだ来ますよ」と二俣に帰られました。

 天竜川もまだまだ釣れます、釣る人は釣る、先ずは川見をして忍者釣りで・・・・。 

↓鈴木正憲さん 釣果

P1060972

9月26日(木) 本日2回目  浦川漁協(大千瀬川・相川)

 浦川 大千瀬川の小田敷前、キャリア2年目の飯田さん8時半に入川、先ず魚影を探す 群鮎見つかる、居着鮎は見にくい、でも群いれば着鮎もと竿を出しオトリ送り込み、暫くすると21cm級の元気なオスが揚がった、野鮎オトリ出来たボチボチ揚がるなか、昼過ぎに入れ掛りがあり引数伸びた、タモ手前まで来て外すオトリだけタモの中と、タモより流し舟に移す際に逃がしのトラブルありこれは残念でしたと、今日は釣り一本となり仕事や他事はすべて忘れ面白い一日となり、24、5cm頭に15匹の持ち帰りが出来たと見せて下さり笑顔笑顔で磐田に帰られました。

↓飯田道夫さん 釣果

P1060986

9月26日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 今日は晴れの良き天気となっており 日中は水温上がるでしょう。 水位平水となり水綺麗です。

 天竜川 昨日難しい釣りとなりました。 鮎 移動して大きな群れが見にくくなりました。

 B型鉄橋上流の岡村さん 20.5cm頭に4匹、Kさん 24cm頭に4匹、上島キャンプ場前での鈴木さん 20cm頭に6匹、とでした。
 今日 良くなると思います。

 朝は陽も当りましたが 曇りとなってしまいました。
 天竜川、大千瀬川、水足らずでぼやいていましたが 台風17号の余波と言うべきかの雨で渇水は免れました。 昨日は朝よりドロ濁りとなり 20cm〜30cm高増水となりましたが 12時現在はやや高の平水となり 水綺麗で釣りしています。 水温は低く21℃〜22℃となっており 太陽当たれば 大釣りは出来ないだろうが釣れるでしょう。

9月22日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 晴れたり曇ったりの日、少し蒸し暑さはありましたが秋の日でした。

 雨降るの予報はあるものの雨は降らない、鮎師にとってはどちらがいいでしょうか、一日竿出せるが良いか、水量増すのが良いか、 今日も皆さん難しい釣りの方が多かったでしょう。超渇水状況深水の中の鮎、トロ瀬に出ようにも水なく出られない、もう強い瀬には住まなくなりますが水量あればチャラ瀬、平瀬に出て来て群れたり居着きもして釣果も上がるでしょう。
 明日は連休最終の日、台風17号による雨はどうでしょう、夜降って日中は晴れがいいですが鮎師さんの「おこない」と「運」はいかがでしょう。

 釣友と戸塚さんまいられ、B型鉄橋下に8時入川、水の無い川、石ゴケ付過ぎ藻がからむ、群鮎は見えるが付き鮎見えない、条件良くないこれも自然の掟、一匹目こない今日はボーズかなと思い一時間後やっとで野鮎オトリとなる泳ぎ良い、次も揚がる、その後が揚がる揚がらないの波があり遅くまで「ねばり」10匹となり16時少々過ぎ納竿して、右岸より左岸に渡り鮎収納の際大鮎を片手で失敗一匹逃がす「イターイ後悔だ」、25、5cm 147gメス頭に9匹の持ち帰りとなり、厳しい状況のなか苦労の連続でしたがそれだけに満足しましたと掛川に帰られました。

↓戸塚達彦さん 釣果

P1060589

9月20日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 明日より連休ですが、雨模様の3日間降ったり止んだりとなるでしょう。釣りは出来ます、今の気候なら寒くはないでしょう。

はるかぶりで見えた桜田さん、上島キャンプ場前「ドンブリ」に10時入川するが、昼休みの遊びが好き、日陰テントの下で1時間超すごして釣り始める、攻めに気合いいっぱい出す、それを見ていた二俣の鈴木さん、これは見事勉強しましたと申されました。 14時半までの実時間3時間半で26cm頭に11匹を揚げられ、見せて急がしいから早帰りと横川に帰られました。

     訂正のお願い

  9月16日、村川さんの鮎、皆さん驚かれたと思いますが、42、5cmは24、5cmの打ち間違いでした。 何処かでは42,5cmも居るやもと思います。

↓桜田康司さん 釣果

P1060965

9月18日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 9時少し前より雨の日となりましたが、天竜川も大千瀬川も釣り人、雨にも負けずで挑戦され一日ミッチリ行われていました。

 大千瀬川で挑戦されて来たTさんは21cm頭に18匹で帰られてきました、大雨でなければ丁度良い、釣人 竿が見えず鮎逃げ回らないからと・・・・・・

 今日の雨は増水とまではならず、石ゴケ付過ぎのままです、でも釣れます。
 彼岸花(曼珠沙華)が咲きはじめました、この花が咲きお彼岸が来ると鮎釣も終盤を迎えます、日に日に難しくなります。
 今の内に一日でも早く挑戦して下さい。

9月17日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 曇りから晴れの残暑の釣り日和でした。

 天竜川 渇水状況 石アカ付き過ぎとなっています、この 水 少ないのが好き 浅瀬の中 掛れば縦横左右無尽に走り回る、これが意気込み面白さが好きと言われる方もいます。

 天竜川 皆さん 釣り揚げています、そんななか 南さん 暫くでB型鉄橋上流に9時半に入川された。 即くメス一匹揚るが次こない、11時頃に連パツで4匹揚りやれやれ、その後も時をおいては鮎騒ぎ掛る、15時半頃 デカが掛り引抜くは危なく寄せて掬い捕りする、
 身切れ外し 2度ありましたが 16時半までに25.3cm 145gのメスを頭に15匹の釣果でした。
 「天竜川は 魚大きく 良形揃いで面白い、明日は何処に行こうかな」と帰られた。

↓南哲彦さんの25.3cm 145g

P1060950

9月16日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 晴れ午後曇りの天気残暑厳しい祝日の一日となりました。

 天竜川も大千瀬川も、連休の2日間は賑やかな川でしたが、今日は釣師さん出足も遅く静かな一日でした。

 何時も釣日は朝早い飯田さん、今日は午後狙いとなり、大千瀬川 小田敷に11時半入川となる、トロの芯を攻めるがアタリなしにて岸際の浅い個所をじっくりと攻める、掛る14時半までに6匹揚がり、場所替えして川合の2号に行く、先客さんが居るがテトラポット前に入れさせて頂き、攻めていると大形が「ガツン」と来てグイグイと深水に引き込む、 9月7日に27cmを揚げているから大物には一応キャリアあるが、今日は今日で面白く揚がった、今日はこれが一番のデカとなる、25、5cm 141g オスを頭に7匹の釣果を出し16時半納竿して店に寄って下さり見せて下さいましたが帰りが急がしいと写真アップは止め磐田に急ぎ帰られました。

 天竜川 地元の村川さん、豆こぼしに10時40分入川、ここは賑やかエサ釣り3名、友釣り4名、釣り様子見の方4名が約一日中居られた、狙い場所は限定された遊び群は見えるが難しい、それでもなんとか42、5cm 135g オス頭に11匹釣果を出し16時終了しました。

9月15日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 秋の一日晴れ 直射日光は強く暑い日となり雨の心配もなく、鮎釣には良き釣り日和となりました。成績良かった方も多かったでしょう。

 前回釣果良かった菊池さん 「仕掛けは内緒」 とでB型鉄橋上流に8時入川、ポツポツと揚がる、鮎探し群を見ては「中部(なかべ)橋上流まで攻めながら回り、一度もトラブルなしにて26、3cm頭に15匹の成果を写真アップさせてくださり、日焼けの顔で笑顔を見せ「頑張りすぎたかな」と申し磐田に帰られました。

 町内 守屋さん珍しく「豆こぼし」に昼過ぎ12時30分入川、この時間には餌釣りの方はもういない友釣りが良い、先客が見えるなか上流を攻めて、16時までに22cm頭に4匹を揚げられ寄って下さり後元気に帰られました。

↓菊池孝一さん 釣果

P1060974

9月14日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 昨日は涼しさを感じ、曇り日でしたが今日は朝より太陽照りました、秋の暑さとなり釣日和の一日となりました。 3連休初日の鮎師、

この時季は数釣りは難しいですが大物良形が揚がり喜ばれていました。

 浜松市のK・Aさん 28cmデカ鮎頭に12匹のゲット、大物と好良形を見事揚げられ喜びに喜びを重ね、この時季の面白さを別の釣師さんと語り合い笑顔で帰られました。

 戸塚さん 前回大千瀬川でいい思いをしましたので、今日は天竜川をと言いながら、大千瀬川に行ってみたい気持ちも見せながらでしたがB型鉄橋に決め、上流に8時入川、オトリ出すとすぐアタリ、「ヨシヤ」とかまえたら外れた、また少し上に出すまたアタリこれも同じように外れた、1分間位の間に2回外した、5分位したらアタリ、これは大きい 引かれるままに少し下る、今度は捕り込めるとタモに手を出すと共にまた外しその後全々アタリ無し、先程の3匹が悔やまれる午前中は3匹まで、その後下流・上流えと攻めを変えながら16時までねばり、24、5cm頭に13匹の釣果を出し上機嫌で掛川に帰られました。

 大千瀬川 小田敷に1週間ぶりに7時半入川の飯田さん 朝アタリない苦戦、少しずつ立移動昼前3匹、夕方狙いで16時半までオトリ泳がし、23、5cm 108gメス頭に7匹の釣果となる、この時季匹数上がらずとも良形揃え上出来ですねと申すとニコニコ顔で磐田に帰られました。

↓K.Aさん 釣果

P1060935

↓戸塚達彦さん 釣果

P1060943
 

9月12日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

昨日よりは過ごし易い秋の残暑でした、俄か雨もない静かな釣り日和でした、釣師さんこの時季の魅力大物狙い、尺鮎をと口々に申され出掛けられます。 

 二俣の鈴木さん 何時もは午後狙いですが今日は昼狙いと 何時もより早く参られ 小セリダシより大セリダシを攻めてみようと10時半 入川、昼前は一匹だけ揚る やはり昼に当り来る、21cm以上の良形 引きが強い 面白い コンスタントに4匹揚がるが その後止まった、移動をしながら2匹バラシある 「逃がしは大きかった」と15時半までに24.5cm 118gメス頭に8匹を持ち帰りになりました。

 大千瀬川 南 哲ちゃん 早瀬は止めまして錦橋下流に行く、この前よりは釣人少ない 幸いだ、静かに竿出ししないとで8時半 入川、知人も入川している 互いに時々 声 掛けながらで午前中は8匹まで、JR鉄橋上流トロ場をメインとして 錦橋下の瀬も攻めたりですが調子上がらない 鮎も小振り、16時半までに21cm 78gメス頭に18匹を揚げることが出来た、「目方は少ないですが 苦労したけど これまででした、少しの間 友釣り休みます」と帰られた。

↓鈴木正憲さん 釣果

P1060927

9月11日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 今日も残暑厳しくなりましたが昨日より少し過ごしやすい日でした。

 天竜川 豆こぼし 当りのある日 ない日と 運が良いと釣果上り楽しめ 今日は少し賑やかいなか 牧野さん9時より入川、下流 上流と探りを変えながら トラブルもなくコンスタントな釣りができ 24.5cm頭に9匹釣果ですが(3匹 生かしにて写しから抜けている)、頃合いの好形が来た段々瀬 トロ瀬 深水があり 流れも早いので引きが良く面白いが 雷鳴聞こえ始めたので 16時少し前 納竿しました と店に参られ 「大満足の釣りが出来ました」と磐田市に帰られた。

 大千瀬川 哲ちゃん 「今日は場所変えて」と錦橋下流に行く、「これは貸切だぞ」と9時少し前 入川、始め左岸側 ヘチ攻めする、掛るが小振り18cm以下ですので トロ場狙いをじっくりと オトリ任せで泳がす、今日もボチボチ揚がり 23.5cm頭に19匹の釣果が出た、もう一匹で20と思っていたが 空 真っ暗くなり遠くで雷鳴る、「濡れない内に」と16時前納竿した、「もう少し釣果 出したかったが まずまずだ」と笑顔いっぱいで地元大井に帰られた。

↓牧野好幸さん 釣果

P1060919

↓南 哲彦さん 釣果

P1060923

9月10日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川 片桐さん B型鉄橋上流に10時少々過ぎ 入川する、1時間程攻めてみるが ダメと決め 自動車移動にてセリダシまで上り 11時少し前 入川、先客さんが見える、邪魔にならないよう立ち込む、柳のそばにて竿振りに気を付けながらオトリ送りをする、「バラシはあるが 仕掛太くしたので切られはしない」と14時10分までで終了、昼食休みもあり「実時間3時間程で揚げましたよ」と25cm 重い139gのオスを頭に5匹の釣果を報告され 「少し帰り遅れました」 と急ぎ帰られました。「良好形揃いおみごとです」

 浦川 南さん 大千瀬川 早瀬に9時入川、暫らくでの早瀬 以前を思い「今日も釣果 上がらないかな」と鮎を探しながらオトリ送る、「来た来た 群が来た」で野鮎オトリに替える、20cm以上 良形揃いで掛ってくるが 16時になったので終了した、25.5cm頭に17匹をゲット出来た、4匹は既に知人に差し上げられてきましたので 写真にはアップ出来ませんでした、「形が揃い 引きも素晴らしく 面白い釣りとなりました」と帰られました。

 鮎友釣りも この時期となると大変難しくなり 匹数延びないのが当たり前となりましたが まだまだ釣れる個所(ポイント) 釣れる方 運の良い方がいます、残された鮎釣りシーズンを大いに楽しみましょう。  

↓片桐長利さん 釣果

P1060907

↓南 哲彦さん 釣果

P1060910

9月8日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 嵐の前の静けさにて暑さは厳しかったですが良き釣り日和となりました。

 台風15号今夜より雨風強まります、大荒れとならず川の汚れを流す適量の出水位にて災害なく、佐久間ダム放流もなく、道路無事で釣が続けれますを祈ります。

 釣師の一人、オオセリダシに行かれ9時少し前入川、先客さん2人居た、その後賑やかくなりましたが釣れました、2匹竿先軟らかく引き寄せに失敗はしましたが、23、5cm 104g、102g 2匹頭に8匹の持ち帰りが15時出来ました、何時は14時お帰りですが日曜日にて1時間遊びが出来ましたと浜北に帰られました。

9月7日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 秋とは言えど真夏日猛暑となりました。

 天竜川 大千瀬川 今日友釣り師大勢入川されましてありがとうございました、が台風による気圧の影響かで厳しく、オトリおかわりに来られる方、早々終了され残念な方、がみられました それでも遅くまで攻められる方も見えました。

 台風15号先の予報より少し遅くなり進路も関東方面となりました。 こちら明日も午前中、雨降らずにて午後降雨となる模様ですが、ほぼ一日釣り出来るやもと思います。「よしや」と思われる方は大物狙いでいかがですか?

 先までのアップ後参られたので続けます。

 友釣りキャリア2年目、釣前日は川の流れ、そこにある石、鮎の光景が浮かび眠れないの飯田さん、今日は小田敷前に7時半入川、大物釣りが出来ればと瀬肩トロ場狙いをする、入れ掛りとはならなかったが、20cm以上の良形が揚がる、これはいけると思うが止まる、位置変える、釣れるトロ場に立位して7匹目ガツンとくる、引き強いデカいど、引かれるままに動く、引き寄せる、初めての醍醐味、やっとタモのなか(27cm)このアラオトリを泳がす、またきたこれも大きい「サー」大変これまた醍醐味、今日この様にして遅くまでねばり27cm頭に15匹の釣果出すことが出来嬉しいかぎり、この大物揃いを自宅と待ち人の方へと分けますと磐田に帰られました。

 原田橋仮設道路台風15号の影響により明日通行止めとなる可能性があるとお知らせがありました。

9月6日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 秋晴れの暑い 鮎師には良き一日となりました。

 佐久間 天竜川はB型鉄橋周辺以外の河川でも釣れる様になり 前回 B型鉄橋上流で 良好形を揚げ 良い思いをした太田さん 今日 上島キャンプ場前に9時入川 下流より攻め上る、その内に釣師が集まり 竿間隔取れず 強引したのが仇となり バラシ2回ありましたが ボツボツではあるが コンスタントに揚がり 今回も大きめ揃いの好形25cm 128g頭に12匹がゲットできましたが 「大物2匹バラシが気に残りますが大満足でした」と浜北に帰られました。

 このところ台風が続発していまして 台風15号がこちら浜松に直撃の予報ですが 明日は台風前の釣り日和となりそうですので 入川を試みて下さい。

9月5日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川の佐久間、大千瀬川・相川の浦川は 太陽は出なかったが大雨は無く 少々小雨模様であり 釣師には影響は無く 雷鳴音の脅かしも無く 「釣れない釣れない」と言いながら けっこう楽しませて下さいました。

 天竜川 B型鉄橋下流に 牧野さん 9時半入川するが釣れない、2匹バラす、天気はっきりせず 虫が寄って来て 集中が切れ「ぜんぜんダメ」とで15時終了して 23cm 105g頭に4匹の持ち帰りにて 磐田に行かれた。

 B型鉄橋上流に片桐さん 10時半入川し14時半納竿、昼食時間抜きの 釣り実時間3時間20分で 引き強い良形揃い 24.5cm 120g頭に5匹を揚げ 「大満足できました」と笑顔で「まだまだ来ます」と浜北に帰られました。

 浦川 大千瀬川 下川合橋下流に鈴木さん 釣友と7時半入川。少々水位高いなか 岸より深水に送り込む、一匹目掛る、流れ強いもあり引き強い、慎重に捕り込む、一匹ゲット出来たアラオトリ送る、二匹目もゲット、次ぎまでは時間掛ったが 21cm級揚がり 釣友まだアウトですので 新オトリ渡す、ボチボチ 好形揚がる、その内に釣人賑やかくなって来た、対岸にも入る、釣果上がり悪い、「今日はこれまで」と15時 二人終了した。23cm頭に10匹の釣果ですが 釣友に2匹あげて 8匹の持ち帰りにて磐田に行かれた。

9月3日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 夜更けとなり簡単に

 暑い夏日となりました。 17時半雷雨がありました。

 水位ほぼ平水となって、水多いが好きな方 水少ないが好きな方も釣り良くなりましたが、天竜川ダム放流の後にて白川石個所、砂溜り等と変化も有り技を要する今日です。

 袋井の鈴木さん、11時B型鉄橋上流に入川15時半まで 7匹揚げた内一匹の大鮎25、5cm級を舟よりオトリ缶へ移す寸前失敗、片手で軽々行った油断大敵逃がしてしまった、一度にやる気無くして6匹持ち帰りと・・・・・

 戸塚さん、10時半型B鉄橋下流入川、釣れずに上流に移る、入れ掛り一分足らずで来た、その後出ない昼が過ぎた、15時終了しょうかと思ったが夕方狙いと思いオトリを慎重に使い、15時半元養殖オトリに換えて出すと大鮎25cm級がきたこれを男度胸でオトリで出す、またきたドスンときた、すると軽くなった、大鮎オトリ ハナカンより抜けて背掛りの21cmだけがタモの内、がっかりそれでも17時少し前納竿するまでに我慢の粘りで8匹揚がり9匹の持ち帰りでした。 上出来だね。

 皆さん大鮎逃がしが多くて残念、だが大鮎に火がつきまた燃えますね。

9月2日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 晴れの天気、暑さが戻り暑い一日となりました。

 天竜川 水位15cm位高、 大千瀬川 水位5cm位高で両川共平水の範囲となり水は濁り無しです。

 天竜川 地元の村川さん、B型鉄橋上流に7時入川、16時まで 朝は掛良く5匹揚がったが日が当たると難しくなり、アラオトリ飛ばしてみるがなかなかアタリがない、一匹オトリ缶より逃がしたが、23cm 101g頭に12匹のお揃いを持ち帰りでき良き遊びが出来たと満足顔でした。

8月31日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川 佐久間ダム放流 12時に止まりました。
 17時現在 水位30cm高位い 大千瀬川よりの水は綺麗で 合流点へ流れ込んでいますが 佐久間ダムよりの水は放流止めた後の濁りの残水が流れ込みササ濁りとなっています。明朝までには濁りも消えて行き 水位も少しは下がり 竿出し可能となります。
 明日からはエサ釣りが始まりますが JR飯田線佐久間橋梁より上流はエサ釣りは禁止ですので 友釣りの方はB型鉄橋下、上島キャンプ場前・上流 ご自由に。またエサ釣り解禁のエリアでも ご一緒に友釣りが出来ます。段々友釣りも難しくなりますので早目早目にどうぞ。

 原田橋仮設道路は再開通しましたので東へも西へも行けます。

 浦川 大千瀬川は17時現在 水綺麗、相川合流点キャンプ場より上流 水位20cm少々高い位い、川合より上流 水位25cm少々高い位いです。本日 どちらも釣人は入川していまして チョクチョク揚げている様子がみられました。

8月29日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 またも佐久間ダム放流にて 最高水位1m70cm位い高となりましたが、今回 佐久間ダム放流水 ドロ濁りではなく青濁りとなって流れています、ダム放水止まれば早めに釣れそうです。

 写真右側 原田橋仮設道路を少しオーバーして流れています、左上側 大千瀬川 水綺麗で流れて天竜川出合に合流しています。 早くダム放流を止めて頂くことを願います。
 注意 ダム放流中は入川出来ません。

8月28日(水) 本日2回目 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

     14時半 速報

 降雨により佐久間ダム放流が午後8時から放流開始されます。  原田橋河川内仮設道路通行止めとなります、再開通は未定です。

8月28日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 朝より雨降りとなり時々強く降る雨天気となっています。13時現在平水より50cm位高となり13時急遽ドロ濁りとなりました。 只今上昇中です、今後の降雨により変化します。

 今朝も雨にも負けずで入川挑戦されている方、雨降りでないと出来ないとの方、雨降りの時が釣れるとの方、急遽濁りとなり残念にも納竿です。

     天竜川、26日の釣果情報姓名訂正のお知らせです。

 25、3cm頭に11匹の掛川市の「山内」さんを「内山」さんと誤って文面に記上してしまい深くお詫びいたします。
 次に記上する時は間違いなくしますので良き釣果楽しみにお待ちしています。

 まだ8月と言うのにメスは卵を持っている鮎がいます、全部ではないでしょうが今季は早い成長のよう、産卵期も早くなるかな。

 大物鮎が揚がり始めました、例年8月末と9月中旬がその時期のようです、数釣りも面白いですがこれからは大物釣りで醍醐味を満喫するのもお勧めします。

      餌釣りが9月1日(日)より解禁

 JR飯田線佐久間橋梁より下流、支流水窪川は大井橋より上流となります。 今季の鮎産卵が早まれば餌釣りには楽しみかな、   友釣り師、餌釣り師の方がご一緒の釣場となった時は釣りマナーをお互いに分かち合い楽しむようにね・・・・・・

 昨日27日鈴木正憲さん27cm大鮎の計量です。 何時も計量の際は先ずこの様にして正確に測り出しを行い釣師さんが確認の上計上し別の指し(シマノ)でも測り鮎並べ撮りにてアップしています。
 この指しは以前鮎師、磐田の鈴木勝三さんが制作したものを戴き大変調法しています。

8月27日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 天気予報では佐久間午後3時より雨降るとのことでしたので 釣客さん 雨前までの挑戦と入川されましたが、本降りとなったのは17時でしたのでやれやれでした。

 天竜川 実は25日にB型鉄橋下流にて 西区入野町の横原彦次さんが(既に揚がってはいますが)デカ鮎26.5cm頭に7匹を揚げていましたが、佐久間祭り中にて 自分ヨイヨイとなっていてアップできませんでしたのでお詫びします。

 天竜川中部 佐久間 この川でも大物鮎が掛る 揚がるようになりました。ドンブリでズズクッり飛ばす方が増え 悔やみ泣きをみる方の声がしばしばあります、仕掛 夏用ではなく秋用に糸太くしての攻めで デカ 大鮎に挑戦して下さい。

 正憲さん、丸一日の挑戦は不得手、何時も4〜5時間で終わられる方、今日は珍しく早時間にみえられ 上島キャンプ場前に10時入川、15時までの間 「気持ち良い 面白い遊漁が出来ました」と なんと今季最高の大物 27cmのメス頭に11匹を揚げられ この鮎ズドンと来た、重くグイグイ引き込む、そばに寄らない、醍醐味いっぱい 「ゆっくりと戦い、負けないぞ」と左右に泳ぎまくるなか やっと取りこんだ。14時に帰る予定でしたが やる気が湧き 続ける、また大物、これもと戦いに入るとドンブリで飛んでいった。「これは残念、悔やめる」と申されながら 「楽しかった」と天竜区二俣に帰られた。

8月26日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 朝夕は過ごしやすいですが日中はやはり暑い釣り日和となりました。

 天竜川 浜北の片桐さん午後狙いにて昼食過ごし、12時半より15時までに23、5cm頭に20cm以上を5匹揚げられ大変喜び、「こんなに調子良ければまたすぐにも来ますよ」、と申されました。

 掛川市より釣友とまいられました、内山さん B型鉄橋下に9時入川されました。 自分も釣友とB鉄に12時に行き先ず昼食済ましてからと河原で始める、すると 内山さん・斉藤さんも食事となりご一緒させて頂き賑やかく楽しい昼休みを行うことが出来ました。 そして釣場は各所と別れましたが上流の内山さんドンブリ2回大物だった、バラシ、身切れ、と秋鮎となるとトラブルも多く(複合メタル0.07細く残念)難しく皆さん釣果伸びないなか上手く泳がせ釣りで、デカ鮎 25,3cm頭に11匹の釣果出して店に参り「また来ます」と元気よく二人で帰られました。

 浦川 大千瀬川、川合と川合ヤナ場より上流竹ヤブまでが賑やかでした、キャンプ場上流は、ここ3日間のあの賑やかさからは少し静かでしたので釣果も上がったでしょう。

8月25日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 今日は自分佐久間祭典を行い神社にて玉串を上げなどを行いながらでした。

 天竜川 一日中太陽照らしましたが秋の日となり暑さは和らいだ、水温も上がらず22℃〜23℃でした。 また釣師には厄介な風、秋風が吹きまくり釣果には只でさえ難しいなか、やる気無くす状況となってしまい不運ながら帰られる方が多かったです。

 浦川漁協内、川合より竹やぶ、もちろんキャンプ場より上流賑やかく、また夕方遅く17時にはまだ各所で攻められていました。

8月24日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

ここ佐久間は暑さも少し和らいだ秋の始まりを感じさせる爽やかな風が川辺の釣人達を魅了させました。 秋を感じさせますと鮎釣りも少しずつ難しくなってまいります。

 天竜川、大千瀬川、相川と見回らせて頂きましたが、昨日の雨水後でもありやはり難しさが感じられました。

 天竜川 B型鉄橋下に掛川の栗田さん8時半入川、今日は奉仕作業15時からあるからと、13時納竿22cm 87g頭にお揃いを8匹揚げられ喜び、流の芯はダメですと申され急ぎ帰られました。

8月23日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 今日は雨の一日となりましたが16時頃には上がりました。

 天竜川 水位昨日まで10cm高のところ今日の雨水にて20cm少々高となりました、明日は少し下がるでしょう 水綺麗で釣り出来ます。

 浦川 大千瀬川、水位現在20cm位高、明日は少し下がり良き水位となり、水綺麗で相川共釣り出来ます。

8月22日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 雷雨なしの釣り日和となりました。

 佐久間祭典が明日23日夕方より、24日・25日と行われ、豆こぼしより柴田ガソリン店までの間道路、屋台引き回しの時迂回路 旧中学校前を通ってとなりますので整理員の指示にて通行をお願いします、鮎釣りには支障ありません。

 鈴木さん 8時半頃、下川合橋下流入川する、形の良いのが掛るが外しが多い、16時終了までに9〜10匹は外す、「仕掛けを大物用に変えないと」、と言い23,5cm 103g 頭にお揃いの良形9匹を持ち帰り、外しが多くて残念でも好良形揃いで嬉しいですよ 「楽しかったです」 と磐田市に帰られました。

 朝、南さんに「今日は20匹以上ですね」と問い掛けると、「やーそれはやってみないと分かりませんよ」と謙遜して行き、お錦橋下流に8時頃入川する、昨日よりは釣人少ない、だが全々当たり無しこれはボーズになるかと思っていたら10時過ぎやっと一匹揚がり昼までに6匹揚がった、その後外し3回ありましたが、16時30分納竿までに22cm頭に26匹となり今日目標20匹の山を越えた、 まずまずでした、今日は今日の鮎が居る、明日は明日の鮎が居る、釣れないではないんだ、 また明後日より遠征にて釣行と申され帰られました。

8月21日(水) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 今日は雷雨なく釣り人には幸いでした。

 浦川キャンプ場より上流今日も賑やかな釣師の一日でした

 南さん遠征、岐阜で釣りまくり暫くにてまいられ、大千瀬川お錦橋下流 8時半入川される、大勢の釣人にて左岸駐車場いっぱいで止める箇所ない、やっとでUターンして右岸に行き階段降りた。 先ず天然オトリ捕りと、養殖オトリ下流に向けて送る、泳ぎ良く下って横に走ると即掛る 次も掛るこれで天然オトリ確保できた、賑やかく何処を狙おうかと思案とで始めるそれでも午前中で11匹揚がった、昼食休憩後左岸のヘチ側を攻めようとするが小形ですのでヤメ、芯の平池攻めでバラシ3匹あったが16時納竿までに、21,5cm 76g 頭に19匹やっと揚がった、明日は20匹以上をゲットしたいですと・・・・  今日は生かし鮎7匹ありますので並べ写真は止めとなりました。

8月20日(火) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 本日は焼ける暑さはないですが少し蒸しつく暑さ、午後3時前位より雷雨があった日となりました。

 浦川 大千瀬川 下川合橋下流に鈴木さん、8時半入川、水位は約10cm程高く丁度良い水、だが魚影は見えない オトリ送り込む目印が下流え飛ぶ、深水の中グイグイと流芯へ引き込む、よせてよせてハリスをつかみすくい込む 大きい23cmはある これは今日はいけるど、その後も良好形揚がるがドンブリでズズくって飛ばす、タモに掬い込む寸前で落とす ガツンと来る針切れる 掛り外し2回とトラブルも多いその都度もえる、仕掛けも作り直しつまみ糸50cmにする、午後12匹目ガツンとアタリ良い重い走る のされない様下りしぼりよせ取り込む、大きな醍醐味をあじわうことが出来た24cmのデカだ、そして続けている内に俄か雨、カッパ自動車の内にて15時納竿して店にまいりました、24cm頭に16匹「真剣な釣りが出来良い良き一日でした」、と磐田市に帰られました。   

8月18日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 天竜川 水は綺麗、水位は自然水と佐久間ダムよりの維持放流量共にて、今までの平水より20cm前後の高さとなっています。

 高橋さん B型鉄橋下に8時少し前入川して、12時昼食までに4匹揚がった、昼休みが楽しみにてゆっくり休憩して、13時半より15時までに2匹 今回は浅い所より深場の方が掛るが追いが少なく小振りだった、また来ますと入野に帰られました。

 戸塚さん B型鉄橋下流8時少々前に入川早瀬狙い、今日は水高いなか芯を攻めるがこない 芯より脇にアタリある、鮎は全体には小形ですが23cm頭に12匹 今回もドンブリで手元より飛ばした、「顔、姿はしっかり見た大きかったなー またもや悔まれます」 と16時半掛川に帰られました。

8月17日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

天竜川 10号台風による降雨の為、佐久間ダム放流が15日午後8時よりあり、自然水と共で最高水位2m位上がりましたが今日17日午後1時ダム放流止まりました。 今回ダム放流水綺麗な水でしたので、明日20cm〜25cm位水位高で釣り出来ます。

 尚 佐久間ダムから維持流量放流中ですが釣りは出来ます。

 原田橋仮設道路も午後2時45分通行再開となります、浦川へ行けます。

 浦川 大千瀬川・相川釣り出来ます。

8月13日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 こちらはお盆です、今日は迎え日です夕暮れに明松でご先祖様を迎えます、16日は送り日で初盆の方をお送りしますが30年位い前はお飾りをした提灯を天竜川に流したり焼いたりしました、また一般の方は仏壇に飾ったお供えを16日の早朝に川に流して先祖様を送っていましたが今は環境づくりにて川を汚さない事が大事としてその行事は行われなくなりました。

 天竜川、例年は数来て釣りまくりして下さった戸塚鮎師、今季は川低迷の為初めて来場となりB型鉄橋下に8時30分入川、先ず下流「藤ケ瀬」の上流にてデカ鮎来る、アラオトと共にドンブリで飛ばす、ドンブリ2回、身切れバラシ2回ありながらやっと5匹揚がった、昼休み2時間となった 午後は橋上流にて攻める4匹目またデカ鮎下流に下る、風が出た引かれるままに下りここだと抜く竿完全に風にあおられタモキャッチ出来ない後ろに飛ばしちゃった、15時になったら釣師皆んな帰ってしまう、その後2匹揚がったとこで皆さんに誘われるように15時半納竿して、22,3cm頭に10匹、 少ない釣果とあのドンブリ2回が「悔しい」と納得できず掛川に帰られました。

 厚血川(河内川)に地元の平出さん、9時半入川今季ここ初挑戦、トラブルと言えば3本イカリ針そっくり切られてしまった、外れ2回ありながら面白く21cm頭に14匹釣果、15時終了して咽が乾いた、もう釣出来なかったと店で水分取って帰られた。

8月12日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 暦の上では秋とは言えど暑さが日に日に増して猛暑続きです。

 天竜川 「豆こぼし」釣り師達連日攻めてみていますが釣れない鮎居ないと言われてるけど、7時入川地元の山下さん 群鮎の好形がギラギラとダンスしている、逃げられないように静かにオトリ送り込む、掛るまた掛る、群は次々移動するが9連チャン掛り揚げること出来た、次少し上流の「竹の輪」に近寄ると付鮎のデカ21cmが背掛り取込んだその後も3匹、追い鮎けっこう深水で掛り面白いが今日はこれで終わり、私用があると10時で納竿して店まで上がって来て下さり釣果報告見せて下さり、3時間の釣果21cmより14cmまでを13匹これは良く釣れましたねと申しますと気持ちよかったですと帰られました。

 何時も昼頃は帰られる平野さん B型鉄橋下に6時20分入川する、先ずは上流より竿出す、今日は掛りが良い形も良い、その内の大鮎尻尾少し前に掛ったのは引き合うのが重く感じ一瞬「これは何だろうと思った」とそして5匹揚げたところで下流に下がって行くがアタリ無い「藤ケ瀬」の近くで一匹のみ、10時に早昼食した後また上流に移動、釣り客の空いた所にオトリ出す掛るその辺で4匹揚がる、太陽ギラつく暑いは苦手と12時半納竿して店までこられ、釣果報告され楽しかったですこれより疲れ取りに温泉入浴にと浜北に帰られました。

解禁当初より(小鮎ころ)暫らくで来られた栗田さん B型鉄橋下流に9時半入川、6月頃のように攻めるが付鮎の様子がみえない、掛り浅く外れはあるが一匹のみゲットこれではと上流に移動する、ボチボチ掛るするとデカ鮎だ、引く泳ぎ回る取りこみに一苦労、ヤッターと24cmを頭に9匹を持ち帰りして16時半、解禁のころを思い出し目方にしてみると大きな喜びがありますねと掛川に帰られました。

8月11日(日) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 焼け付くような暑い日々が続いています、台風10号がゆっくりですが西に進み その後北上の予報です、この辺は台風はまともではなくても 雨は14日頃より降るでしょう。長野県南部が降ると増水となる恐れがあります、台風前の釣りは明日、明後日となりそうです。

 浦川 大千瀬川 馬渡に磐田の飯田さん 7時半入川、鮎友釣りはキャリア2年目 なかなか難しい、だが面白い。明日 友釣り挑戦という夜は 川が鮎が 頭の中でちらつき眠られない、なんと今季初めての大鮎が掛った、深みから浅瀬と勢い良く走り回り なんとすごい醍醐味 全てを忘れて取り込む、24cm丁度だったと24cm123gを頭に8匹を16時までに揚げることが出来た。
 店に寄って頂いたのに写真アップ出来なくてごめんなさい。まだまだ挑戦して下さいね。

8月10日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 猛暑の一日 雷雨、俄雨なく鮎師さん一日中オトリ泳がすこと出来た。 今日は「豆こぼし」、「厚血川出合」、「発電所前」、にと入川されました。

 B型鉄橋下流に鈴木さん、9時45分入川する 付き鮎の飛びついて来る様な背掛りの鮎少ない、腹掛り3匹バラシた、匹数少ないが瀬の中面白い釣りが出来 23,7cm頭に塩焼きに頃合いの20cm前後の好形が7匹上りラッキーでしたとおっしゃり、暫らく来れないし台風10号が来るからと心配しながら川で別れ袋井に帰られました。

 猛暑の一日となり、水温25℃〜26℃となりました。 水位も平水以下となり川でも暑さを感じます。

 天竜川 中部(なかべ)自治会部落が、10日11日が祭典となりますので佐久間病院前より街中が通行規制の時間帯があります、また「ドンブリ」や「セリダシ」に行かれる方、上島キャンプ場前天竜川沿いにて、打上花火がありますのでここも規制が有ります、標識と整備人に従ってください。(夜は名物の地割れ花火があります)

 発電所前に13時半入川 新国さん、15時半まで正味2時間の短時間でオモリ付けての引きずり上りで強い当たりが来る、3匹バラシてしまったが何と大形 25,5cm 136g頭に5匹の釣果ですが、鮎大きい引きがたまらない面白い釣りだったと店に、まだピチピチしている鮎を持ち込んで下さいました。その鮎別の者がカメラシャッター切りしましたが残念にも失敗になってしまいアップ出来なく残念です。

 片桐さん 今季釣れない釣れない情報と解禁当初2回見えたが釣果出なかったので、暫らくでの3回目の挑戦でまいり、B型鉄橋上流に10時少々前入川右岸側左岸側の中程を攻めて2匹、昼食をしてまたもやと思ったら も早入川されていた、午後は下流を攻めると良形22cmから21cmが3匹揚がった、何時も早帰りの片桐さん14時45分納竿(愛犬の散歩があるから)、ころあいの好形がゲットでき22cm頭に5匹の釣果楽しかった、鮎釣りの面白さがよみがえりましたと・・・・・ 浜北に帰られました。

 桜田さん、今日は家族サービスと共に鮎釣りと4名で見えて下さり、クソ岩で子供さん達は水泳、川遊びするその支度を行って、13時桜田さんは鮎居ないと言う 「ドンブリ」に入川、先ずは川に潜り鮎探ししてみる、居ること分かりオトリ送り込む アタリ良く好形が次ぎ次ぎ目印を吹き飛ばす、これが本当の鮎友釣りだ 気持ち良いが子供さん達のお付合いもおろそかには出来ない、などなどで16時には納竿する、でも23、7cm 125g頭に10匹釣果となり店に寄ってくださり急がしく天竜区に帰られました。

8月8日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 浦川 三井さん 昨日下見に大千瀬川 回る、どこが好釣場かなと決め難くしていましたが 今朝は小田敷前と決めて参られ 9時30分入川して7匹揚げていたが 少し下流へと移り 瀬頭で大鮎が掛る、グイグイと引き これは危ない ドンブリで飛ばされそうだ なんとか良き格闘が出来 無事タモの中となった、続いて好形を10匹揚げて納竿15時、大鮎23cm頭に17匹、「この鮎人様に差し上げる為送り届けると申され急ぎ帰られました。

 天竜川 B型鉄橋下流に牧野さん9時入川、15時納竿、天竜川の鮎も大きくなり 25cmは既に揚がっていますが 牧野さん24.5cm頭に12匹 良形 揚げられた、実は昨日も入川しまして 昼食の時流し舟に鮎入れておき食後始めようとしたら5匹全部 暑さでアウトとなり 泣き帰りとなりましたが 今日はラッキーでリベンジしましたと喜び勇んで「楽しかったです また来ます」と磐田に帰られました。

 浦川 大千瀬川 南の哲っちゃん 錦橋下流に8時入川、昨日よりはアタリ薄い 少し気落ちしていた、すると近くにいた方が気持ち良く揚げていた、その方が移動して行かれたトロ場にオトリ送り込むと掛る、その内に連チャンで揚がり なんとか20.3cm頭に24匹、帰り際 オトリ缶に一匹入れそこない逃がす 「誠に残念25匹になったのに」と、「今日は釣れなかった」と言いながら笑顔で大井に帰られました。 

8月7日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川 B型鉄橋上流に6時入川して12時までの 何時も半日そこそこで早帰りのTさん、20cm頭に9匹の釣果を報告に店に寄って下さり「最後に大きな鮎 タモまで届かず落としてしまい心残りです」と日中の猛暑のなか浜北に帰られました。

 南 哲っちゃん、振草漁協の桃源橋下に行こうとしていましたが 変更して 浦川 大千瀬川 浦川キャンプ場上流 JR飯田線鉄橋上流に8時頃入川。
 鉄橋に竿が当った時もありましたが 鏡状の平瀬を攻めるとコンスタントに掛る、5連チャンで来る時もあり 15時半までに20.5cm頭に33匹のまずまずの釣果が出まして「楽しかったです」と申され早帰りでした。

8月6日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 今日は浦川に行かれる方 天竜川に入られる方 お客さん少々賑やかくなりました、又川まで出前注文もありました、 そんななか地元の村川さん朝店にまいられ 「今日は浦川の相川 旧中学校前にゆくから見に来て下さい」 と言われて行かれた  自分今日忙しいからと申しておきましたが、15時半駆け付けると、もう終わろうかとしていました、自分は見るだけでしたがまた続けて下さいましたが釣れなかった。
 入川8時からの様子聞くと、天井糸枝木に引掛ってしまい大変 次は山から山水を取水の為川の上に引っ張っているパイプの控え線に、またもや天井糸掛ってしまいなかなか外せない 次に大鮎背掛りがきてチャラ瀬の中を左右前後に引っ張り回しオトリ鮎ハナカンより好オトリが外れて行ってしまったと、トラブル続きでしたがその大鮎21cm頭に11匹でしたと見せてくださいました、 群鮎沢山居ますが釣れないとのことでした。

8月4日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 昨日申した合言葉(ロザリオの島)でのオトリサービスします、 の方が4時40分一番のりで参られて下さいまして、嬉しく ありがとうございました。

 天竜川 雷雨来れば涼しくなったのにと、思うが釣師には迷惑となる為幸いでした。

水位10cmより少し高となり、日中水温23℃の中 鈴木さん、B型鉄橋上流に10時半入川 掛かるけど追いが悪く腹掛り、バラシも2匹続ける 11時半頃アタリ良く背掛り、アラオトリ即送り込む パツンと掛り下流向けすっ飛ぶ 大きい、腰を降ろし竿下げる体制を変え吊り上げると共にプッツリ! 大きかったなーハナカンスライド糸より飛んだ オトリは助かったその後も一度飛ばしもあった、 20、5cm頭に7匹、16時半納竿しました 取り込みは少なかったが鮎大きくなり楽しい遊漁だった 半分はバラシが悔しかったと袋井に帰られました。

8月3日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 暑い暑い真夏日 川にてオトリ送り込んでいればその暑さも感じられず極楽だ、今日は雷雨もなく 鮎師にとっては幸いでした。
 天竜川 上島キャンプ場上流、B型鉄橋下周辺、豆こぼしが少し賑やかくなりました。
 その内のB型鉄橋下周辺を攻めた高橋さん、8時より14時半(昼食1時間)まで 実釣時間5時間30分で タモ手前まで引飛したがキャッチ出来ずと 身切2回有り等のダメがあったが 20.5cm頭に9匹で終わる、続ければツ抜けは出来ましたが私用がある為納竿しました。 鮎 デカくなり 頃合いのサイズ形が揃い 面白い楽しい釣りが出来ました、お盆休みが待ち遠しいです と西区に帰られました。

 浦川 昨日2日 大千瀬川の早瀬に暫らく振り様子見、試しにと入川した南の哲ちゃん 20cm頭に7匹だったよと、付鮎少ない 大きな群鮎が居るがなかなか難しく掛らない、鮎も警戒心敏感になってきていると、「たしかに哲ちゃんの釣果にしては少なすぎますね」・・・。 状況好転の狙いとなります。

 今日は浦川 大千瀬川 南哲ちゃん条件の良い錦橋下流に行く 満員、駐車場無い、対岸にやっと止められた、9時半入川するがアタリ少ない 11時半までに7匹、立移動しながら昼休み延ばしそのまま攻める 皆さん昼食に上がる、川静かになった釣れる、 昼食後は下流の瀬に入る アタリ良い16時半までに、21,5cm頭に27匹 頃合いの好形揃い、面白い釣りが出来良かったです、少し釣り休みして盆休みには、馬瀬川 上流 下流、益田川に行きますと帰られました。 

 明日4日限り、一番でおいで下さった釣客様、合言葉(ロザリオの島)とおっしゃて下されば鮎オトリ2匹を差し上げます。

7月31日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 浦川 大千瀬川に6時 川見に行く、既に小田敷前に3名 馬渡1名 錦橋下流3名が好ポイントに見えていた。
 その後 店に三井さん参られ 大千瀬川 小田敷前に10時に行くと 賑やかく入川場所無い 様子見に回る どこも賑やかにて 錦橋下流に11時少し前にやっと入川、1時間程で昼食をして 13時半頃より当りが来た、初めの3匹は掛りどころ悪くて走ってくれない、4匹目 背掛りゲット出来た、そして岸際をアユ背後から攻める、目印吹き飛ぶ当りが来て 16時半までに20cm頭に12匹 釣果伸びない、と自分を攻め「ダメ釣果」と喜び半分で帰られてゆきました。  

7月30日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 天竜川、なかなか釣り日和とならない。 なかなか下がらない水位、朝は25cm〜30cm位高となっている、もう少し下がるが良い B型鉄橋下周辺 石アカはある、そんな中へ、鈴木さん10時30分より入川する、自分もそばで様子見る ハミ跡はある、新しいのあるがなぜか来ない なぜだろう・・・・・

 午後になると天候一変する、13時15分頃より強烈な雷雨となり、鳴るわ降るわで15時頃までに50cm近い雨量となり、水位は数cm上がる、釣師さん達はいちもくさんで納竿せざえるを得なかったです、帰られました。

7月29日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 天竜川 佐久間ダム放流 今朝6時止まる、(原田橋)仮設道路7時40分通行再開されました。
 15時現在 水位35cm〜40cm位い高となっており青薄濁りとなって来ました、明日は竿出せるでしょう。

7月27日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

    お 知 ら せ

 佐久間ダム17時放流開始となりました。 原田橋仮設道路不通です。

7月25日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川 水綺麗 水位25cm位い高 水温21℃と少々水高いですが 良き水加減となっています。
 ですが太平洋の熱帯低気圧が 明日26日頃 台風となり こちらに接近となるおそれがあります、すると また出水増水となり 釣り出来なくなるのではと 案じられます。

     お 知 ら せ

 今年度より 当面の間 佐久間ダムから天竜川へ河川維持流量を放流します。
 放流期間は 毎年7月21日から10月20日までの3か月間、 8時30分から17時の間、放流量は平均毎秒1.5m3ですので 水位の上昇はわずかであり 河川への立ち入りは問題ありません、遊漁は出来ます。
 放流サイレンの吹鳴は行いません、原田橋河川内仮設道路の通行は可能です。
 対象、一定の条件に満たない場合は河川維持流量は放流しません、電源開発株式会社より。
 今日のところは放流しておりません。

7月23日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川中部、昨日上流での降雨により朝は50cm位の水位上がりとなりましたが、現在18時には35cm〜40cm位の水位高となっています、水は綺麗になりました。 久し振りに太陽照り付け夏日となりました、水位高いなかではありましたが釣人入られました。

 浦川、大千瀬川、午後 川見する、釣人居ます、水位は40cm位高いですが水は綺麗です、鮎、魚影見えます、小田敷橋下流には7組程の群鮎400〜500匹が沖合に入ったり岸ぎわに付いたりと結構サイズの良い鮎でした。 錦橋下流は少ないけれど点々と元気な影が見えました。

 水位下がり落ち着き日差し射し込めば大いに楽しめるでしょう。

7月21日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川、佐久間ダム放流18時止まりました。 河川内仮設道路は20時より再開となります。
天竜川中部は明日まだ無理かと思います。

 浦川漁協内は釣り出来ます、仮設道路通れますのでお楽しみ下さい。

7月18日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

     またもや佐久間ダム放流

 天竜川 佐久間ダム放流 18日(木)午後8時開始予定となり、本日午後6時より(原田橋)R473号線 河川内仮設道路通行止となります、 復旧は未定です。
 暫らく釣り出来なくなりました。 

7月17日(水) 本日2回目 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 久し振りでの入梅の晴れ間となり、気温30℃まで上がり夏日となって下さいました。 釣人さんは少なかったです、B型鉄橋上下流に入川された3人さんは、「水高くて鮎の居る所が分からない」、と3匹〜6匹でした。

 速報になりますが、明日18日午後、佐久間ダム放流により河川内(原田橋)仮設道路通行止めにする可能性があるとのことですので、ダム放流がありますと また釣り出来ない日々が続くことになります。

7月17日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 天竜川 昨夜の雨 今朝方 雷も鳴りました、大雨とはならなかったようですが 8時現在 時間1cm位いの出水となっていまして 水位35cm前後の高水となっています、 このところ3日程 この水位で落ち着いています、高水好む方はいかがでしょうか。大千瀬川も同様にて水位40cm位高です。
 今現在 日が射し 釣り日和になりそうです。川にも日照不足が影響しているようです。

7月15日(月) 本日2回目 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 天竜川、今朝7時のときとは違い、その後増水となって参り11時過ぎ昼頃は水位40cm位高となりニゴリも薄くでました。

B型鉄橋下周辺中部吊橋下までの入川者10数名は昨日同様流れ急流にて厳しい釣りとなりました。

 鮎師、高橋さん石アカ個所狙うが流れきつい、立ち位置変えながら下る、アタリくるが急流にてドンブリで飛ばしが一回ありましたが、「釣果は5匹となりました」、と16時報告され帰りました。

7月15日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 昨夜雨降りましたが幸い大降りとならず、 7時現在天竜川 水綺麗、水位25cm位高で釣り出来ます。 もう入川しています。  天気、霧は下がり一面山間に掛っていますが雨は止んでいます。  一昨日群鮎釣りで匹数上げての方がいました。

7月14日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 昨夜の降雨にて天竜川、朝一時50cm位いまで水位上がりましたがニゴリはほとんど無く、鮎師さんB型鉄橋に入川してくださいました、次第に水位は下がって、17時には30cm位い高となりましたが、そんな水位高く流れ急流のなかの攻めでしたので釣果難しく、5から8匹位の釣果でした。  17時水温20℃となりました。

 浦川、大千瀬川朝は40cm位い水位高かったですが、17時25cm前後の高さとなっています。 釣人は入川されていました。 15時の水温18℃でした。

 どちらの河川共水落ち着き、日差しがあれば釣果楽しめるでしょうが、今夜も雨降り模様です。

7月12日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 午前中は曇ったり晴れたりの天気、午後から晴れて暑くなり 気温も32℃まで上がりました。
 石アカ だいぶ付きはじめ、この様な天気が続けばさらにアカの付きも良くなるでしょう。が、梅雨明けはまだ先のようです。
 午後4時現在 水位15cm位い高、水温21℃となっています。

7月11日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 午前中は陽が射す時間も有るが曇り空、午後からは雨模様となった。
 7月といいながらも5月の気温、日照時間少なく水温上がらず18℃、鮎の育ちも追いも良くない。鮎だけでなく作物の育ちも遅れている。

 Tさん、「久しぶりにこの川で」とB型鉄橋上流に9時入川、午前中は追い悪いためか4、5回もバラす。それもあってか匹数伸びず。昼食後、B型鉄橋の真下に移り雨の降るなか5〜6匹連発で揚げ4時頃納竿。それでも17cm頭に15匹の釣果。サイズにばらつきがある。「寒く、バラシも多く気合いが入らず」と帰られました。
 気温上がってくれば釣果も出るでしょう。

7月10日(水) 本日2回目 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 今季初の鮎友釣り、鮎師の鈴木正憲さん、10時来店し B鉄橋下へ入川、橋の下流側で竿出す。3匹揚がるが小振りなので 1時間程で橋の上流側へ移動する。2〜3匹連発で揚がると当りが止まり、1時間程するとまた連発で当たりくるという調子で、4時頃納竿。今季初でしたが18cm頭に12匹と まずまずの釣果で 「まだ小振りなのが少し残念」と申されて帰られました。

7月10日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 9日 南さん 浦川へ出水の後を狙って勇んで入った。
 群鮎は居るが川相変わり釣れない、2匹揚げる、オトリになるサイズだが そこは2時間で切り上げ 場所変えして 午後1時から昨日の錦橋下流に入る、そこには釣人居ない、上流に居た方は30匹程揚げていた、今日は昨日と違って良型19cm頭に17匹揚げる、17時近くまでの攻めでした。
 「10日は他川へ行ってみます」と申されました。

7月8日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川)

 曇りの天気のなか、昼12時頃に俄か雨がありました。

 浦川、錦橋下流に、南さん8時半入川、昨日下見に来た時魚影沢山見えたが今日は少ない、飛び跳ねるのも少ないですが午前中11匹、すると俄か雨となった、その後「寒くて寒くて釣果出ない」、15時半までに18cm頭に19匹となり納竿した少しさみしい釣果となりました。 「明日は別場所を探ってみよう」と言っていましたが朝より雨模様ですので大丈夫かな・・・・・・

 天竜川中部 B型鉄橋下を見る、鮎は居ます流されてはいない、ハミ跡あり、青ゴケは流された、砂も無い、川リセットされた、今は白川、釣れる鮎細い。

 磐田の鈴木鮎師、11時30分より4時間で7匹痩せた鮎、「今週末にはアカ付き最高に良くなるでしょう」、と申されていました。 

7月7日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川中部、曇りの雨降らずの天気でした、水位下がり遅く30cm位はまだ高いです、水綺麗になってまいり浅場は見通せますが、深場はまだ青く見えない状況です 明日は綺麗になるでしょう、もう入川者は居ます。 白川です。

7月6日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 7月1日からの長い佐久間ダム放流が今朝8時止まりました、よって原田橋の河川内仮設道路も通行再開となりました、浦川には行けるようになりました、大千瀬川、相川も水位30cm〜40cm位の高さ、水は綺麗になってきています。

 天竜川中部、 大千瀬川の綺麗な水が流れ込み、上流部より綺麗になっていますが、水位50cm前後の高さになっています。 今夜雨天気の予報ですので又も増水になる恐れがあります。
 今回は白川に変身され鮎も腹ペコでの状態でしょう、サー何時竿を出せばいいのかな・・・・・ 

7月1日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 連日の雨降にて ついに今朝8時 佐久間ダム放水となりました。
 午後には1m50cm位の高い増水となり B型鉄橋下周辺 写真の様に河川敷一面に流れています、原田橋仮設道路は通行止となっています。

 何時 放水止まるかな、 川、鮎がどの様に変化するか、楽しみと 心配とです。

6月30日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

  追伸  浜松市からのお知らせ  

明日1日(月)午前8時より佐久間ダム放流の予定、河川内仮設道路が午前6時から通行止めになる予定です。

 天竜川中部、一日雨降りとなりました。 朝より徐々に水位も上がって、17時現在35cm位高となり薄い濁りはじめになっています。 強い雨ではありませんが降り続いています。 明朝はどの様になっているでしょう、中途半端の出水になりますと砂を残されよろしくありません、腐りアカ、青ゴケ、をとばし良き川となることを願います。
 三輪さん、他の方雨の中大変だったでしょう、釣果はいかがだったでしょう。

6月29日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 幸い雨降らずにて釣り出来た、14時頃俄雨あったがすぐ上がった、夕方17時少し前より俄雨降ったり止んだりです。

夕方現在、水綺麗、水位17cm〜18cm位高。

8時より15時までB型鉄橋上流下流を攻めた高橋さん、鉄橋下辺は今の出水により砂が溜りよろしくない、今は無き「藤ケ瀬の際まで下がっての釣果6匹です」と報告に寄って下さいました。

 浦川、大千瀬川「馬渡り」に7時入川するが調子出ずにて移動して相川の清流荘前に10時入川しての3匹目揚げた飯田さん、「鮎釣りは難しいですが釣り揚げたこの時が何とも言えない楽しさですね」、とニッコリとシャッター切らせて下さいました、その後の釣果は分かりません無事磐田までお帰りになったでしょう。

 相川、沢上橋下流での東栄町の落合さんに12時会う、「今年は釣れない」と言いながら6匹目の内の1匹大きいですよと19cmをタモの内で見せて下さいました、砂の多くなったチャラチャラの瀬流の中の釣果でした、その後20cm以上が揚がったでしょうか、・・・・・・

6月28日(金) 本日2回目更新 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 19時半空は一面青空となりました。 今夜雨降らなければ、天竜川も大千瀬川も釣り出来ます。

現在水位、天竜川25cm位高、大千瀬川20cm位高、 石アカあまり洗われていないですが出水後の釣果が楽しみです。    

6月28日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川中部、午前6時現在、昨夜の降雨により水位50cm〜60cm位高、ドロではないが薄いニゴリとなっており竿出せそうですが無理、止めとくが良いです。

6月27日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 こちら北遠地方天気、天気予報程の雨降らず水位1cm〜2cm位上がりとなり、やや低い平水と今のところなっています。 釣人は3名のみでした。

 今夜から明日28日(金)朝に大雨となった場合原田橋仮設道路が通行止めとなる可能性があるとのおお知らせがございます、お気を付け下さい。

6月26日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 晴れ32℃までとなる夏日でした、川ではそれ程の暑さは感じられなかったです、明日より降雨が続きますゆえ雨降り前日の釣り日和となりました、皆さんアカ付き過ぎを気にされ、腐りアカを適量の大水となり洗い流せば良き川となり大漁も出来るでしょうと、水温20℃。

 B型鉄橋下流での清水市の平垣さん16匹、 浜北の清水さん8匹、 午後から入川した水窪の西尾さん12匹とでした。

 浦川大千瀬川、川合橋下流2号と上流のヤナ場、タケヤブ、も入川され挑戦されていました。
15時半「馬渡り」より納竿して車まで上がって来て居た浜松の釣り上手な方、20cm級良形鮎32匹を見せて下さいました。

6月25日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 晴れの 時々風もある暑い夏日となり 水温も21℃となりました、水位はやや低い平水となっています、晴れの天気も明日までの予報となっていまして 今日 釣人 天竜川中部と浦川 大千瀬川 少し賑やかくなりました。

 B型鉄橋上流に10時〜15時半までの哲ちゃん 「調子上がらず14匹止まりとなってしまった」と言いながら納竿して 「右岸に上っていったベテランさんは30匹以上揚げられていました」と・・・。

 B型鉄橋下流に9時入川して 14時半 納竿して帰られたBさん 「15匹揚がりましたから まーまーです ブラックバスが邪魔しなければもっと楽しかったですが」と早帰りして行かれました。

 豆こぼしに9時入川の細田さん 厚血川出合に移り 15時半まで攻めて 好鮎18cm頭に21匹の釣果、「面白い釣りが出来ました」と「見せて下さいました。  

6月24日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 昨夜の雨は朝あがり 雨降らず 曇りの天気にて 川水は平水よりやや上がり 4cm位い高となりましたが 徐々に下がり 夕方は少し高めの平水となりました。

 そんななか 釣人少ないのが幸いのB型鉄橋下に10時入川の山下さん 午前中調子良い 入れ掛り状態でコンスタントに揚がる、これは30匹はゲット出来るかなと 昼休み後 場所変えして上流に竿出す、当たり悪く 残念にも18cm頭に21匹の釣果にて 15時30分納竿して 豊川に行かれた。

 B型鉄橋周辺に夕方狙いで静岡市よりと浜松の方、静かになってからが釣れますよ とやる気いっぱいで・・・。

6月23日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 梅雨の曇り天気、午後3時ごろ少し雨降りましたが釣人には影響ありませんでした。

 10時にB型鉄橋下流に入川したHさん16時に寄って下さり、「小さい 小さい 10匹ほどだよ」、不満気味に言いながら車より出して来て「本当に小さいのは放して来た」、と見せて下さる、言葉とは違いサシをあてて見ると頃合いの17cm〜16cmを16匹も釣り揚げていました、数はこれ以上釣れていましたから結構楽しんで遊漁されてまいり袋井に帰られました。

6月22日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 晴れたり曇ったりの29℃の蒸し暑い日となりました、水位平水。

 B型鉄橋下に9時入川の西区の高橋さん、小形はリリースして13cm〜16cm持ち帰りを7匹15時半納竿して、16時店に寄って下さり、「釣れるも釣れないも場所ですね」、と申されて帰られました。

 12時に店に来てくださった横原さん、秋葉ダム下流で餌釣りを行って来ました、せっかく佐久間に来たから友釣りをしますとオトリ持ってB型鉄橋に行き昼食を済ませ上流に入川、16時までの短い時間の攻めとなった、即く4匹揚がってきましたが止まった、夕方終わる様になりバタバタと3匹揚がった、16cm〜17cmと形は良いと満足気味。「すぐ下流の方泡立ちの中で数掛けていたよ」、やっぱり場所だなーと入野に帰られました。

6月21日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 晴れの天気、午後3時半頃風があり釣りには大変かなと思いましたが、その内に静かになりました。 釣人少なかったです。
水位平水となっています 水温21℃となりました。

6月20日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 支流水窪川の様子 問い合わせがありますので 見に 平島と湯の沢に行く
濁りは消え 薄くなって 岸辺は見えるが 流れの中 見えない、水位も10cm位い高く 魚影見えない、ハミ跡も見えない。
稚魚放流 5月10日行って後 解禁前には犬戻下流まで 沢山上がっていると お知らせがありましたから 今日 見に行けなかったので また行ってみようとしています。
 その湯の沢 遊漁進入路を解禁前に ここ釣り場 愛好の西尾さんが 悪く大変な坂 登り段を 一人で進入路として造って下さいました、ありがとうございます。

 10時より B型鉄橋上流に 南の哲ちゃん 竿出す、始めは 水冷たいのか 当たり悪かったが その内に当たり良くなり掛ってくる、背掛の横走りの良いの4〜5回有り、面白かった。
 16時までに 18cm頭に 小振り混ざり25匹の釣果、「川石コケ滑り 転びそうに二三度なりました まだ少し水高いのかな」と申され「次は他川 愛知県に行ってみます」と帰られました。

 昨日19日 B型鉄橋下流に 桜田さん 8時入川 、少しの間 竿出すが 調子出ず 川様子見にと じっくり見て 上流までを上下して回り 10時頃より再度竿出し 瀬の芯を攻める、ベタ竿でオトリ沈める、徐々に掻揚上がるが むしろ芯より少し岸寄りでガツンと掛る、サイズも良い、これこれと掛けて行くが小振りも背掛りでくる、15時半納竿する、20.5cm頭に21匹の釣果。
 「満足とはゆかない 数出ない どうしてかな? でも一匹のサイズは良かったから」と笑顔で天竜区に帰られました。

6月19日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 南 哲ちゃん 浦川の大千瀬川 錦橋下流に8時入川 15時まで、 浅瀬で 引き良く走るのが掛り面白かったのもありましたが 全体に小振りですが 18cm頭に33匹の釣果出ましたと店に寄って下さり 次は天竜川中部で面白い釣りをしたいと申されて帰りました。

 昨日18日 地元の村川あっちゃん 9時入川、ボチボチ揚るが 静かになった16時頃より17時半までに6匹揚がり 15cm頭に小振り「唐揚げ」用を19匹揚げられました。注意 あっちゃんの頭の上より 鳶がオトリを狙い旋回しているが被害は無かった。

 明日も釣れるでしょう。

6月18日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 晴れから曇りの天気の 静かな良き釣り日和でした。

 水位 天竜川中部は15cm位い高 浦川 大千瀬川12cm高位いの丁度いい水位です。

 天竜川中部 B型鉄橋下流に10時半入川鈴木さん 20匹までは釣れなかった 釣果はマーマーでしたが小振りが多く おとりにならず リリースして 残りの12cm〜14cm位いを8匹持ち帰りとなり 16時 袋井に帰られました。

 午後 大千瀬川 40名位の入川の方々を見せて頂きました。
 その内の錦橋下 下流 サラサラ瀬肩上でポチポチ良きサイズを揚げられていました。もう一人の方 群れ鮎狙い 上手く群れ内におとり送り込む。形は小さいが連チャンで揚る。お見事でした。

 鮎は沢山見えます。明日も釣れるでしょう。

   

6月17日(月) 本日2回目更新 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 今朝気温16℃と寒さを感じました、日中は32℃と暑くなりました。
 川水下がり遅いです18時現在平水より、大千瀬川15cm〜20cm位高、天竜川中部20cm〜25cm位高となっています。石アカは流れずつき過ぎの箇所も多くなってきました。

  水高いのが好きな方B型鉄橋下流に入川されていました、他の皆さんも立ち込んでの竿出ししていましたが水高いのと水温16℃と低いので難しいようでした、でも橋上流右岸では釣り揚げていました。

 夕方には水温18℃となりました。明日は少し水位下がり鮎も水に慣れ活性してくるでしょう。 

6月17日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 午前5時現在、天竜川中部川状況、出水濁りより水綺麗となりましたが水位26cm〜30cm位高となっています、釣り出来ますがチョット大変かな・・・・・・      天気晴れ、風無い。

6月16日(日) 本日2回目更新 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 今朝よりの出水状況 ドロ濁りは消え青色濁り、浅瀬は底石まで見えます、渕系深みは濃く濁っています、この濁りは明朝少し残る程度になるでしょう、水位は少し高いです。18時現在45cm位高です明日までに20cm下がればいいですが・・・・
 この出水にてどの様な変化が出ますか楽しみです。

 明日の浦川、大千瀬川は水位20cm位高で釣は出来るでしょう。

6月16日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 昨夜の降雨にてドロ濁りとなり水位1m以上と上がりましたが、7時現在90cm位高となって流れています、釣りは出来ませんがこの増水により川も鮎も変化が出て活性化されるでしょう。

6月15日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 今日大雨予報でしたが5時から12時までは雨降らず、少し寒いですが釣り出来まして、浜松のHさん7時半B型鉄橋下流入川11時まで3時間半の挑戦、小ぶりですが7匹でした、寒い水冷たかった晴れの天気良き日なら釣果上がるでしょう、また来ますと秋葉回りで帰られました。

 12時より雨降りとなりました、14時半現在は水綺麗で水位変わらず平水より15cm位高となっています。     今日はこれまで。

6月14日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川中部  水位15cm前後位い高 水温19℃  水は濁り無しですが 気温低く 釣果も下火の様でした。 早帰りの方が多かったです。

 B型鉄橋下 上流入川の向山さん 10時より14時20分まででした。 昼食休憩抜き 正味3時間半程の挑戦でしたが 「寒くて 寒くて」と 15cm頭に 小振り唐揚げ用5匹と 少しさみしいですが 短い釣り時間でしたので まあまあの釣果でしょう。 「また来ます」と三遠南信自動車道回りで帰られました。 

 昨年よりのキャリアの飯田さん 「友釣り楽しくて楽しくて まだ釣果は出ませんが 鮎釣り本を仕入れて 今に釣りキチ三昧になりそうですが 何しろ難しい」と 浦川 小田敷に9時入川。
 足で釣ろうと歩くがダメ、そこまではいいが 大失敗 トラブルとなる。 監視人が回って来て下さった、日券を切って頂こうと 釣り帽を渡したが 入漁日券が無い、落としてしまった。 こまった しょうがない 現場券を買おうとすると 監視人さんが漁協に連絡、漁協より当店まで連絡、確かに買って行かれましたよ とお答えしました。 
 今は携帯電話があり 即座に解決が出来ますが 以前なら買わされていたかも?。飯田さんは若くて誠実で優しい方です。 こちらもほっとしました。 「今度は慎重にします」と帰りに寄って下さいました。
 釣果は 15時までに 残念にも3匹。 これからは釣りまくる様になるでしょう。磐田に帰られました。

 梅雨前線による今夜からの降雨が心配となります。    

6月13日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

    本日2回目更新

 天竜川中部  早朝は濃い濁りにて、段々濁り薄らいでも 夕方までは少し残るかな と思いましたが、今回の濁りは すぐ近くの上流よりにて 澄み早く 10時までには綺麗になった。でも7時 8時頃 参られた方はお帰りになってしまい残念です。

 南 哲ちゃん 8時 川の様子の問い合わせTEL有る。 その後 9時50分 川 濁り消えましたを知らせると 11時参られB型鉄橋上流に入川。「もう少し水位低い方が好みですが」 とで 「追いのいい走り鮎 3匹あったのが面白かった」と 15時 18匹。「今日これから仕事が待っているから」と15時30分納竿した。タモの中で今日の釣果 見せて下さった。追星2つの綺麗な鮎 大きな長寸は18cm 他は小振りが多い。「唐揚げ用に親戚にあげる」と急ぎ帰られました。

 川状況  水 濁り無し  水位 平水より15〜20cm位高  水温20℃

 ひと水 出るごとに 鮎 活性化され 釣り 楽しませて下さいます。 6月の釣りならではです。

6月13日(木) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 天竜川中部5時は昨夕のゲリラ的雷雨夕立にて濁りとなりました、ドロ茶色ではなく青白色の濃い濁りと水位平水より20cm〜25cm位高となっています。 午後になれば濁り薄らぎ竿は出せるでしょう。
 浦川大千瀬川出合大入よりの濁り大千瀬川は薄い濁りとなってきました。

6月12日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川区域) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 豊川の山下さん 昼少し前 B型鉄橋下に入川するが釣れなく 昼食済まし12時半 竿出す。コンスタントに揚がる、6匹きたところでピタリと止まった。その後 14時半までにポチポチで9匹となり 16cm頭に小振り10cm位いまでをゲット出来たとニコニコ顔で お母さんへの用事にて と帰られた。

 袋井の太田さん 釣友と岐阜県下呂市の馬瀬川に行く途中 変更して「いなさJCT」より参られたとで B型鉄橋下流に8時半入川。
 午前中で8匹 釣外し4匹位いとで 14時半 帰られました。

 磐田の菊池さん B型鉄橋下流に7時45分入川。
 思ったより釣れるが 10cm級の小振りはリリース5匹位い。14時半 20cm級の良いおとり 深みで根掛りとなったが 寒くて寒くて外しに行けず切ってしまった。これにて終わりにすると「寒い寒い」と言いながら 18cm頭に13匹を見せて帰られました。

 10時半頃 B型鉄橋上流入川の貴布祢の高林さん 15時に「小振り多いが13匹でした」と帰られました。

 西尾さん 浦川漁協内に行ってみようとして来たが 「ここ人 が多いから」とB型鉄橋下流に11時入川。
 藤ヶ瀬の方が気持ち良くホイホイと釣り揚がる。大鮎釣りをと 瀬の中程におとり入れる。「揚がるが大きくない」と申しながら 16匹目を揚げるをシャッター切った。
 16時までに17匹の釣果を出していました。そこで別れましたので その後は分かりません。

 追星の綺麗な鮎が揚がっています。

 17時より激しい雷雨となりました。

6月10日(月) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川区域) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 12日までは雨模様です。今日午後より雨の予報ですが 8時 薄日が射していましたが曇ってまいりました。気温も19℃と 暑からず寒からず です。今朝は釣人少ないです。

 9日、村川あっちゃん 釣友とB型鉄橋下に9時入川。釣友は上流に行き13時まででした。
 釣れるが小振り、でも 追っての掛り 群での掛り とで16時半までに16cm頭に26匹と 「楽しい釣りが出来ました」と喜んでいました。

6月9日(日) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川区域) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 解禁2日目、しぶしぶの雨の天候にて 水温も上がらず18℃と入梅の天気となっているなか、栗田さん B型鉄橋下に9時入川する。
 調子良く10分程で3匹揚がる。1時間程で5匹となり『これは20匹楽勝』と勇んで続けるが、当たりピタッと止まってしまった。掛り出したが外しも重なり 15時までに15匹、15時30分納竿した。小さくても背掛りで ほとんど付鮎が掛って来た 15.5cm頭に15匹の釣果にて「からあげ」用鮎注文されているから丁度良い、明日も休み取ってあるから と明日の天気を気にしながら、三遠南信道より掛川に16時帰られました。
 今季暫くの間は 鮎多いB型鉄橋周辺の狙いをお勧めします。

6月8日(土) 本日2回目  佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川区域) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 昨日降雨の出水の解禁日となり野鮎とはいえ、まだか弱い鮎にて何処にでも居付いてはいない、群鮎も飛び跳ねてくれない、鮎はどこに居るのやらの状態、キャリア、ベテランの腕前でおとり泳がすがなかなか難しい、ボチボチは掛り揚がる状況の解禁日。

 大千瀬川上流の大入川出合いより朝赤濁りが流れ込み、小田敷橋下流はドロ濁りとなり下々も次第に濁った、幸い水量は下がってくださいましたが大釣りとは言えない今日でした。水位、川の状況整えば楽しめるでしょう。

 天竜川中部水位5〜6cm高。   大千瀬川水位5〜6cm高。

6月8日(土) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川区域) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 解禁となりました。昨夜の雨止み、浦川漁協内、河川水位15cm位高濁りなし。
 佐久間ダム漁協天竜川、水位30cm位高、支流水窪川濁りなしにて竿出せます。

6月7日(金) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川区域) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 明日8日(土) 鮎友釣り解禁を迎える佐久間ダム漁協と浦川漁協ですが、今日の河川状況 朝8時より降り出した雨 気象庁予報通り 断続的に強い降りがあり、17時現在 天竜川中部 平水より約20cm水位上がり 今朝までの底水よりは約30cm増水となり薄い濁りとなってきました。明朝までに どのように変化するかによります。
 今季は鮎 育ち悪く 匹数は多いです。群れ鮎狙いのB型鉄橋下周辺でしょう。

 浦川 大千瀬川は増水となり濁りは薄いですが 平水より いまに40cm位い高になりそうです。
 狙いは浦川キャンプ場裏より上流振草川漁協境界までが好ポイントですが 水の状況は 今後の降雨により明朝まで分かりません。
 竿 出せるようになることを願うばかりです。

6月5日(水) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川区域) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 佐久間、夏日となり気温30℃まで上がりました。 川水 午後4時 上島キャンプ場前では23℃と高くなりました。

 そんな暑いなか 今年も電源開発株式会社佐久間電力所グループ、J−POWER、JPハイテックの方々が鮎友釣り解禁日前にと 天竜川中部河川の清掃作業を B型鉄橋周辺と上島キャンプ場前周辺と第二発電所前周辺を30名の方々が手分けとなり行って下さいました。
 大勢の方々で 作業は盛大にて 大きい物は2u位の鉄板、2m位の鉄梯子、その他 小さな物はゴミ袋にと 2t車トラックにいっぱいとなりました。 この様なご協力者があってこそ 鮎釣り解禁日には 気持ち良い河川に釣客さんを迎えることが出来ます。ありがとうございました。

 只今の川水 平水より約8cm位い低く残念、群鮎が多く 育ち遅くなり小振りが目立ちます。
 御影石 白竜石が多く 青ゴケ状態、雨降り 川洗いたい、水 欲しい。 皮肉にも解禁前日と本日に雨予報となっており 良いのか悪いのか 何と申したらいいか です。

6月4日(火) 佐久間ダム漁協(天竜川中部・支流水窪川区域) 浦川漁協(大千瀬川・相川)

 佐久間ダム漁協、浦川漁協の鮎友釣り解禁日が間近となりました。今季は両漁協 令和に入り 同日解禁6月8日(土)となりました。宜しくお願い致します。

 入漁料は昨年同様(但し、浦川漁協は地元券は廃止となりました)。稚鮎放流は 佐久間ダム漁協は天竜川中部、支流水窪川に約1,000kg 浦川漁協は大千瀬川、相川、奥山川に1,800kg ですが 令和の今季は両漁協共 一匹のグラムが少なかったため匹数は沢山放流されました。
 解禁当初は小振りですが 長い夏から秋に掛けては楽しみです。

 浦川漁協の生育調査 試し釣りが6月1日午後行われ 私くし その調査に立合わせて頂き 5箇所を回るの大変となり 相川は行けず 大千瀬川4個所を見ることが出来ました。
 相川合流点、浦川キャンプ場より上流、小田敷橋下流が好点でした。滝口橋周辺は入れ掛りとなるが 調査の為 場所替えしなければならず大急ぎで釣りまくる松下さん 18cm 60g頭に14匹。追星が3個2個とあり 尾びれの大きな綺麗な鮎を揚げ 予定時間より早上りしました。 合流点での釣師 大澤さんは19.5cm 70gを揚げていました。 小田敷橋下流の矢田崎さんは18cm頭に10匹でした。
 解禁当初狙いは河内より上流部が良いでしょう。

 佐久間ダム漁協は6月2日 試し釣りでした。
 B型鉄橋下流に行く 釣師 村川さん 上流部サラサラ瀬で 鮎は沢山居るが群系が多い。その中で15cm級を5匹揚げた、今回はここ一箇所のみでした、水量少ない。
 解禁当初より水量多くなり 川の相が変わった後が期待かと思う・・・・・。